キャンプ道具

コテージ泊に必要な持ち物14選!キャンプ初心者でも安心!

こんにちは!SAWA CAMP(@sawa_camp_)です!

昨今のキャンプブームもあって、これからキャンプを始めてみようかなと考えている方も多いと思います

しかし、キャンプというとテントやテーブル、寝袋など必要な道具が多いイメージがあり、なかなか一歩を踏み出すハードルが高いですよね。

そんな方にオススメなのが、コテージ泊です!

コテージ泊であればテントをたてる必要もありませんし、テーブル等も基本的に備え付けられているので自分で用意する必要がありません。

この記事では、コテージ泊をするにあたり必要になる持ち物をご紹介します。

これからコテージ泊を検討している方は、こちらの記事を参考に準備を進めてみてください!

初めてのキャンプにはコテージ泊がおすすめ!

PICA fujiyamaにあるスタンダードコテージの外観

これからキャンプを始めようという人には、まずはコテージ泊がおすすめです!

コテージとバンガローの違いは?

よく同じように使われる言葉ですが、実は少し意味が違います。

  • コテージ・・・設備が整っており、家と同じように過ごすことができる。宿泊費は高い。
  • バンガロー・・・テント代わりの貸小屋で、設備はほとんどない。中級者向けだが、宿泊費は安い。

コテージには一通りの設備が整っているので、荷物も少なくて済みますし、別荘のような気分で快適に過ごすことができます

まずはキャンプの雰囲気を味わいたいという方には非常におすすめです!

実際、私も初めてのキャンプはコテージ泊でした。

3回ほどコテージ泊をしているうちにテント泊もしてみたくなり、今では月に1度はテントでのキャンプに行くようになりました!

コテージ泊の持ち物|まず必要なもの7選

まずはコテージ泊をする上で、必ず必要となるものを7ご紹介します!

宿泊施設によっては備え付けられている場合もありますので、何があるのかは事前に確認しておくと良いでしょう。

①着替え、タオル

着替えの服

着替えは普通の旅行でも必要ですが、キャンプの場合は服が汚れて着替えることも考えられるので、少し多めに着替えを持って行っておくと安心です。

また、タオルは備え付けられていることもありますが、無い場合はこちらも少し多めに持っていくと良いでしょう。

②アメニティ

歯ブラシ

コテージには浴室やシャワーはあっても、シャンプーやボディソープ、歯ブラシといったアメニティは備え付けられていないことが多いです。

普段使い慣れている物が良いという方も多いと思いますので、持っていくと良いと思います。

③スマホ、充電器

スマートフォン

スマホは常に持ち歩いていると思いますが、充電器も忘れずに持っていくようにしましょう。

スマホは緊急時に連絡を取る手段としても重要ですので、充電はしっかりしておくことをおすすめします。

キャンプ場によっては電波の入りが良くない場合もありますので、事前にどのキャリアの電波が入りやすいのか調べておくのも良いと思います!

④ティッシュ、ウェットティッシュ

ウェットティッシュ

意外とティッシュが置いていないコテージもありますので、ティッシュは1箱持っていくと安心です。

また、少し手が汚れた時などにサッと拭けるウェットティッシュはあるととても便利です。特にコロナ禍においては除菌できるタイプのものだと良いですね!

⑤食材、調理器具、カトラリー

食器

食材を用意してもらえるプランもありますが、素泊まりの場合、食材は事前に買っておきましょう

意外と忘れがちなのが、調理器具やカトラリーです。これらはコテージに用意されている場合も多いので、事前に宿泊施設へ確認しておくと良いでしょう。

食器などを自分で用意する場合、まずは紙皿や割りばしで十分だと思います。

⑥クーラーボックス

クーラーボックス

特に夏場は、買い出した食材をそのまま置いておくと衛生上あまり良くありません。食材を買ったらすぐにクーラーボックスへ入れておけると安心ですね。

もしくは、コテージに冷蔵庫がついている場合は、クーラーボックスは不要かと思います。

↓おすすめのクーラーボックスはこちら↓

【コールマン ホイールクーラー60QT】コスパ◎!定番のクーラーボックスをレビュー!コールマン ホイールクーラー60QTの紹介記事です。コストパフォーマンスに優れた定番のクーラーボックスです。...

⑦ゴミ袋

ゴミ袋

指定されたゴミ袋へ入れてゴミを回収してくれる場所もありますが、ゴミは持ち帰りという場合もあります。

回収してもらうにしろ、持ち帰るにしろ分別は必要になりますので、ゴミ袋は多めに持っていくと良いでしょう。

コテージ泊の持ち物|あると便利なもの7選

続いて、絶対必要ではないけれどあると便利なものを7つご紹介します。

より快適にキャンプを楽しむためにも、できれば用意しておきたいですね。

①ランタン、ヘッドライト

ランタン

コテージ内には明かりがありますが、キャンプ場内はとても暗いです。

例えば星を見に行くなど、夜に外へ出ることを考えている場合は、何か明かりは持っていくと安心です。

↓おすすめのランタンはこちら↓

【ベアボーンズ レイルロードランタン】レトロ感がおしゃれ!おすすめのLEDランタンをレビュー!ベアボーンズ レイルロードランタンの紹介記事です。レトロ感のあるおしゃれなデザインで、サイトの雰囲気をぐっと良くしてくれます。扱いやすいLEDランタンなので、初心者の方にもおすすめです。...

②救急セット

絆創膏

アウトドアでは、日常とは環境が異なるのでちょっとしたケガをすることも多いです。絆創膏消毒液など、最低限の救急セットは持っていくといいでしょう。

また、キャンプ場までの道は山道になっていることも多いので、車酔いをしやすい人は酔い止めを持っていくことをおすすめします!

他にも、薬を服用されている方は忘れずに持っていくようにしましょう。

③虫よけグッズ

蚊取り線香

夏場のキャンプ場に虫はつきものです。

蚊取り線香や虫よけスプレーを用意しておくと安心です。

④サングラス、帽子

サングラス

コテージ泊の場合、屋内で過ごすことが多いかもしれませんが、屋外でバーベキューをする場合などは長時間日差しの下にいることになります。

熱中症を防止するためにも帽子があると良いと思います。また、サングラスをかけることで疲れも軽減してくれます

⑤テーブルタップ(たこ足配線)

テーブルタップ

コテージではコンセントの口が十分な数なかったり、使いやすい場所に無いこともあります。

そんなときのためにたこ足配線を持って行っておくといいでしょう。少し長めのものがおすすめです!

⑥日焼け止め

日焼け止め

キャンプ場は比較的涼しい場所が多いですが、日差しは強いので日焼け対策はしっかりしましょう

日焼け止めはこまめに塗りなおせるように、塗りやすいものがおすすめです。

つばの広い帽子を用意するのも良いですね

⑦遊び道具

フリスビー

キャンプでは意外と暇な時間が出来たりします

そんな時間を楽しむのもキャンプの醍醐味ではあるのですが、お子さんがいる場合などは飽きてしまうこともあるでしょう

キャンプ場では広い場所があることも多いので、フリスビーやボールなど遊び道具があると楽しめますね!(周りの方の迷惑にならないよう気を付けましょう)

初めてのコテージ泊におすすめのキャンプ場

初めてのコテージ泊にはPICA fujiyamaのスタンダードコテージがおすすめです!

2018年にオープンした新しい施設なので非常に綺麗です。特にスタンダードコテージは別荘のような雰囲気で、ベッドも4つあるのでファミリーでも快適に過ごすことができます

PICA fujiyamaについては以下の記事でもご紹介しているので、参考にしてみてください。

【PICA Fujiyama】快適すぎるコテージ泊!高規格キャンプ場をレビュー!PICA Fujiyamaのレビュー記事です。実際に宿泊したトレーラーコテージ、スタンダードコテージを中心に、宿泊施設や設備について詳細レビューします。...

まとめ|初めてのキャンプにはコテージ泊がおすすめ!

PICA fujiyama スタンダードコテージのキッチン

今回は、コテージ泊で必要な持ち物についてご紹介しました。

テント泊と比べて、コテージ泊だとかなり持ち物を減らすことができます。

さらに、コテージがあるキャンプ場ではレンタル品も充実していると思いますので、忘れ物をしてもなんとかなります!

そういう意味でも、初めてのキャンプにはコテージ泊がおすすめと言えます!

少しでもキャンプに興味があるのであれば、まずは気軽にコテージ泊から始めてみてはいかがでしょうか。

この記事が皆さんの参考になりましたら嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!