キャンプ道具

【ルミエールランタン】最高の癒し!コールマンの大人気ガスランタンをレビュー!

こんにちは!SAWA CAMP(@sawa_camp_)です!

コールマンのルミエールランタンといえば、ゆるキャン△のなでしこが一目惚れをして、バイト代を貯めて手に入れたランタンとして有名ですね!

私もゆるキャン△を見てルミエールランタンが欲しくなったのですが、品薄で価格が2~3倍まで高騰しており、なかなか購入できませんでした。

最近、ようやく価格が落ち着いてきて、Amazonや楽天でもほとんど定価で購入できるようになったので買ってしまいました!

今回は、コールマン ルミエールランタンの魅力と注意点についてレビューしていきます!

魅力 注意点
  • とにかくおしゃれ!癒される!
  • 燃焼時間が長い
  • 初心者でも扱いやすい
  • 炎の調整が可能
  • メインランタンにはならない
  • グローブがガラス製で割れやすい

コールマン ルミエールランタン

基本情報

商品のイメージを伝えるための画像
出典:コールマン
品名 ルミエールランタン
本体サイズ 約7.3×6×18.3cm
重量 約210g
燃料 ガス
燃焼時間 約28~38時間(230g缶使用時)

使用方法

①器具栓が閉じていることを確認する

器具栓つまみの位置を伝えるための画像

まずは、本体の器具栓つまみが右(マイナス)に止まるまで回っていることを確認します。器具栓が開いていると、ガス缶へ取り付けた際にガスが漏れてしまい、危険です。

②本体をガス缶へ取り付ける

ガス缶の取り付け方を伝えるための画像

次にガス缶を水平な場所へ置き、接合部に対して本体を垂直に取り付けます。ねじの要領でガス缶を反時計回りに完全に止まるまで回します。

ガス缶はコールマン純正のものを使用することが推奨されています。他メーカーのものでも使用できるとは思いますが、極力コールマン純正のガス缶を使用するようにしましょう。

③炎調節レバーの位置を確認する

炎調節レバーの位置を伝えるための画像

炎調節レバーが一番左に来ていることを確認します。

④点火する

点火方法を伝えるための画像

チャッカマンの火を炎調整レバーの穴へ持っていきながら、器具栓つまみを左(プラス)方向へ回すと、ガスが噴射され、点火できます。

⑤炎の大きさを調節する

炎の調節方法を伝えるための画像

炎の大きさを調節する場合は、炎調節レバーを左右にスライドさせることで調節できます。器具栓つまみは回さないので注意してください

コールマン ルミエールランタン|魅力

①とにかくおしゃれ!癒される!

使用時の雰囲気を伝えるための画像

ルミエールランタンの魅力は、何と言っても「癒し効果」でしょう。炎の揺らめきは「1/fゆらぎ」と言ってリラックス効果があるので、科学的にもその癒し効果は証明されています。

揺れる炎を眺めているだけでも癒されますし、テーブルの上に置くと一気におしゃれな雰囲気になります。

ルミエールランタンの炎を眺めながらゆっくりとお酒を飲む、なんて最高ですね!

②燃焼時間が長い

燃焼時間が長いことを伝えるための画像

ルミエールランタンは230gのOD缶一つで28~38時間使用できます

夜の間だけ使用すると考えると、仮に17時~22時の5時間使用してもキャンプ6~7回分はOD缶を交換しなくてもよさそうです

実際、私も購入してから何度か使用していますが、まだガスは無くなっていません。

ランニングコストが低いのは嬉しいポイントですね!

③初心者でも扱いやすい

初心者でも扱いやすいことを伝えるための画像

ガスランタンなど燃料系のランタンは、一般的にマントルが必須です。

マントルとは、ランタンの発光する部分のことで、使用する前に空焼きをしたり、消耗したら交換する必要があるので、取り扱いが少し難しいです。

ルミエールランタンはマントル不要のランタンになるので、マントルの空焼きや交換が不要で、ライターさえあればすぐに着火することができます。

初心者でも簡単に使用できるので安心ですね。

④炎の調整が可能

火力が最小の時の画像
火力が最小の時
火力が最大の時の画像
火力が最大の時

炎調整レバーを左右にスライドさせることで、炎の大きさを調整することができます

調節幅は割と広く、炎を最小にするとキャンドル程度の明かりですが、最大にするとそれなりの明るさになります。

コールマン ルミエールランタン|注意点

①メインランタンにはならない

メインランタンのような明るさは無いことを伝えるための画像

ルミエールランタンの明るさはキャンドルよりも少し明るい程度ですので、光源として使用するには向いていません

あくまで雰囲気を楽しむものとして使用し、光源としてはLEDランタンなど別のランタンを用意しましょう

LEDランタンについては以下の記事でもご紹介しています。

https://sawa-camp.com/zashbear-ledlantan/

②グローブがガラス製で割れやすい

グローブがガラス製で、専用ケースへ入れる必要があることを伝えるための画像

ルミエールランタンのグローブはガラス製のため、強い衝撃を与えると割れてしまいます

購入時に専用のケースがついてきますので、持ち運び時はケースへ収納し、使用時の取り扱いには注意しましょう。

もしグローブが割れてしまった場合は、グローブのみ別売りしているので、交換が可能です

コールマン ルミエールランタン|まとめ

商品の使用イメージ

今回は大人気のガスランタン「ルミエールランタン」をご紹介しました。

ご紹介した通り、ルミエールランタンは光源としてではなく、雰囲気を楽しむためのランタンですので、キャンプをするのに必須!という訳ではありません

ただ、ルミエールランタンがあるとキャンプの雰囲気が格段に良くなるので、持っておいて損は無いと思います。

キャンプの道具は一通り揃ったので、何かプラスアルファの要素を取り入れたい、といった方は是非検討してみてください。

この記事が皆さんの参考になりましたら嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!