キャンプ場

【無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場】夏でも涼しいバラギ高原で広々キャンプ!

こんにちは!SAWA CAMP(@sawa_camp_)です!

2022年5月のGWに、群馬県嬬恋村にある「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」へ2泊3日で行ってきました!

全国に3か所ある無印良品キャンプ場の一つで、バラギ湖が見下ろせる広大な敷地を誇るキャンプ場です!

無印良品ブランドだけあって、設備もきれいでとても快適にキャンプを楽しむことが出来ました。

この記事では、実際に無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場へ行った上での魅力注意点をお伝えしますので、是非参考にしてください!

魅力 注意点
  • 草原サイトの景色が最高!
  • 予約時にサイトを指定できる
  • 一つ一つのサイトが広い
  • 無印良品の商品が買える
  • 設備がきれい
  • お湯が使えない
  • サイトの脇に溝がある
  • 傾斜がある
  • 風が強い

 

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

テントサイト(G18)からの景色

基本情報

施設名 無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
住所 〒377-1611 群馬県吾妻郡嬬恋村干俣 バラギ高原
電話番号 03-5950-3660
営業期間 4月下旬~11月上旬
チェックイン/アウト チェックイン 13:00
チェックアウト 12:00

 

料金

料金体系は分かりやすく、人数に応じて料金が決まります。

ファミリーで行く場合を考えると、他のキャンプ場に比べて少し割高な印象があります。

エリア 大人(中学生以上) 小学生
オートキャンプエリア 2,750円 1,375円

未就学児については料金はかかりません。

予約方法

予約サイトからオンラインで予約が可能です。

予約するにはMUJI.netへのログインが必要です。アカウントが無い場合は新規登録をする必要があります。

アクセス

東京方面から行く場合、碓氷軽井沢ICで高速を降りてから1時間強かかります。
合計で3~4時間程度かかりますので、時間に余裕を持って向かうことをおすすめします!

また、途中で山道を通ることになるので、車酔いをしやすい方は酔い止めを飲んでおくと安心です。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場|施設情報

場内マップ

場内マップ

チェックインの際に場内マップをもらえます。

A~H、Q、V、Wエリアに分かれており、それぞれ特徴が異なるので様々な楽しみ方ができます。

マップの上方向にバラギ湖があり、右下のC、Hエリアへ行くにつれて高台になっています。

左上の大きい建物がセンターハウスなので、一番遠いWエリアからはそれなりの距離があります。(徒歩5分程度でしょうか)

サイト

A~Cエリア(林間サイト)

A~Cエリア(林間サイト)の景色

A~Cエリアは林間サイトです。Aエリアが最も低い位置にあり、Cエリアが最も高台となります。

バラギ湖を眺めることはできませんが、周りが木で囲まれている分、風の影響も少なく静かに過ごすことができると思います。

D~Hエリア(草原サイト)

D~Hエリア(草原サイト)の景色

D~Hエリアは草原サイトです。Dエリアが最も低い位置にあり、Hエリアが最も高台となります。

高台へ行くにつれて眺望が良くなり、Fエリアまで上がるとバラギ湖を一望することができます

ただし、高台へ行くほど風の影響も強くなるので、強風対策は必要になります。

Qエリア(グループキャンプサイト)

Qエリア(グループキャンプサイト)の景色

Qエリアはグループキャンプサイトとなっており、20m×20mの広大なサイトが利用でき、車も2台まで駐車可能です。

キャンプサイトの利用料金に加えて、別途5,500円(税込)/1泊がかかりますが、グループでのキャンプや、広々とキャンプを楽しみたい方にオススメです!

Qエリアは草原サイトの端にあるので、目の前を遮るものもなくバラギ湖を一望することができます

Vエリア(草原フィールドサイト)

Vエリアは草原フィールドサイトとなっており、20m×20mの広大なサイトが利用できます。(車の駐車は1台までです)

草原サイトの端の最も高台に位置しているので、キャンプ場内で一番眺望が開けているサイトかと思います。

キャンプサイトの利用料金に加えて、別途5,500円(税込)/1泊がかかりますが、広々とキャンプを楽しみたい方、景色を楽しみたい方にオススメです!

Wエリア(ドッグランキャンプサイト)

Wエリア(ドッグランキャンプサイト)の様子

Wエリアはドッグランキャンプサイトとなっており、周りが柵で囲われているためノーリードでワンちゃんとキャンプを楽しむことができます

草原サイトの高台に位置しているため、眺めも抜群です。

キャンプサイトの利用料金に加えて、別途3,300円(税込)/1泊で利用できるので、ワンちゃんと一緒にキャンプを楽しみたい方にオススメです!

炊事場

炊事場の様子

炊事場はキャンプ場内に6か所あり、どのサイトからもそこまで遠くない場所に配置されています。

炊事場自体は非常にきれいで、広々としていて使いやすいです。こまめに清掃が入っているのか、私が行った時はつまりも発生していませんでした。

ただし、お湯が使えないので油汚れなどの洗い物は少し大変です。

トイレ

トイレの様子

炊事場と同じ建物にトイレもあります。

こちらも非常にきれいで、においも特に気になりませんでした。

ただし、個室については水洗ではなく汲み取り式でしたので、時期によってはにおいが気になることもあるかもしれません。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場|魅力

①草原サイトの景色が最高!

テントサイト(G18)からの景色

林間サイトで静かにキャンプを楽しむのも良いですが、カンパーニャ嬬恋キャンプ場へ行くからにはやはりバラギ湖が一望できる草原サイトの景色がおすすめです!

草原サイトの中でも高台となるGサイトやHサイトからは基本的にバラギ湖が見えますが、一部のサイトでは木が景色を遮ってしまうこともあるためご注意ください。

Gサイト、Hサイトの中でもマップの向かって右側、Qサイト寄りのサイトは目の前に遮るものもないので特に景色の良いサイトとなっています。

私はG18というサイトを利用したのですが、景色も良くサニタリー棟も近いので非常におすすめのサイトです!

②予約時にサイトを指定できる

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場は予約の際にサイトを指定して予約します

エリアごとに空き状況を見なければいけないという手間はありますが、自分でサイトを選べるのは嬉しいですよね!

③一つ一つのサイトが広い

テントサイトの様子

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場のサイトは、A~Cの林間サイトは約10m×10mD~Hの草原サイトは13.5m×13.5mとなっており、かなり広々とサイトを利用することができます。

特に草原サイトの場合は、サイト内に車を停めて2ルームテントを張ってもまだまだスペースがあるので、プライベート感がありました。

④無印良品の商品が買える

センターハウス(売店)の様子

センターハウスで無印良品の商品が買えることも大きな特徴です。

品ぞろえもそれなりに良く、Tシャツなども売っているので、着替えが足りなくなってしまった場合も助かります。

さらに、すべての商品が定価で販売されているというのも嬉しいポイントです!

⑤設備がきれい

サニタリー棟の外観

さすがは無印良品ブランドという感じですが、センターハウスはもちろん、炊事場やトイレのあるサニタリー棟の設備も非常にきれいです。

施設自体新しいというのもあるかもしれませんが、清掃が行き届いているように感じました。

キャンプ場の設備がきれいだと、キャンプへ行くハードルが一段階下がりますよね。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場|注意点

①お湯が使えない

炊事場の様子

キャンプ場を選ぶ上でお湯が使えるか使えないかは非常に重要なポイントです。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場は設備はきれいなのでお湯が使えないところが残念です。

お湯が使えないので、油汚れは自分でお湯を沸かして汚れを浮かせるなどの工夫が必要です。

また、単純に水が冷たいのでゴム手袋は必須です。

②サイトの脇に溝がある

サイト脇にある溝の様子

チェックインの際に説明を受けますが、サイトの脇に溝があります

マップ上で太い黒線になっている部分に溝があるので、車を運転する際にもかなり気を使います。(万が一車が溝に落ちてしまった場合は、スタッフの方にお願いすればけん引してもらえるようです)

また、歩いているときも溝にはまったら危険なので、特に小さいお子さんがいる場合は注意が必要です。

③傾斜がある

テントサイト(G18)の様子

バラギ湖が最も低い位置にあり、そこから高台へ上がっていくような地形になっているので、ほとんどのサイトで傾斜があります

日中過ごしている間はそこまで気にならないかもしれませんが、寝る向きには注意が必要です。

寝るときに頭を下にすると頭に血が上ってしまいますので、頭を上にして寝るようにしましょう。

④風が強い

テントサイトへテントを張った時の様子

特に高台のサイトですが、開けている分風の影響を受けやすいです。

チェックインの際にも説明を受けますが、ペグをしっかり打つ、ガイロープを張るなど、強風対策はしっかり行うようにしましょう。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場|周辺施設

Aコープオアシス店|スーパー

営業時間 9:30~19:00
住所 〒377-1612
群馬県吾妻郡 嬬恋村 大前767-2
電話番号 0279-80-6820

キャンプ場から車で10分ほど行ったところに「Aコープ オアシス店」があります。

基本的な食材はこちらで揃えることができますが、割とこぢんまりとしたスーパーなので、東京から行く場合は軽井沢の大きなスーパーで食材を買ってしまうのもオススメです。

コメリハード&グリーン嬬恋店|ホームセンター

営業時間 9:00~19:30
住所 〒377-1524
群馬県吾妻郡嬬恋村大字鎌原字田小路922-1
電話番号 0279-80-2077

キャンプ場から車で15分ほど行ったところに「コメリハード&グリーン嬬恋店」があります。

灯油や薪、炭はこちらで購入できます。キャンプ場でも針葉樹の薪が600円で売られていますが、こちらの方が安いので、余裕がある場合は事前に購入することをおすすめします。

つつじの湯|温泉

営業時間 10:00~21:00
利用料金 600円
住所 〒377-1614
群馬県吾妻郡嬬恋村田代930
電話番号 0279-98-0930

キャンプ場から車で15分ほど行ったところに「つつじの湯」があります。

岩盤浴やサウナがあり、お食事処もある大き目の施設ですが、キャンプシーズンは混雑しているようで、私が利用した時はあまりゆっくり過ごす雰囲気ではありませんでした

ただ、良心的な料金で温泉に入れるのでおすすめです。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場|まとめ

テントから見える夕焼け

今回は、全国に3か所ある無印良品キャンプ場の一つ、「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」をご紹介しました。

バラギ湖が一望でき、サイトも広々しており開放的なキャンプが楽しめるキャンプ場です。

サイトの数多く比較的予約も取りやすいので、気になった方は是非足を運んでみてください!

この記事が参考になりましたら嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!