キャンプ道具

【ニトリ スキレット】シーズニング方法は?蓋はある?コスパ最強の「一生モノ」を手に入れよう!

こんにちは!SAWA CAMP(@sawa_camp_)です!

皆さん、キャンプ料理の際に調理器具は何を使っていますか?
キャンプを始めたばかりだと、家で使っているフライパンを持って行っている方も多いかもしれません。

「そろそろキャンプ用の調理器具が欲しいな」と思っている方にオススメなのが、ニトリで販売しているスキレット、通称「ニトスキ」です!

お求めやすい価格にも関わらず、キャンプギアメーカー顔負けのクオリティを誇る逸品です。

今回は、そんなニトスキの魅力を、注意点も合わせてご紹介します。

魅力 注意点
  • 価格が安い
  • IHでも使用可能
  • 蓋付きのモデルもある
  • 手入れをすれば一生モノ
  • シーズニングが必要
  • 重い

ニトリ スキレット

基本情報

商品のイメージ画像
出典:ニトリ
  15cm(6インチ) 19cm(8インチ)
カラー ブラック
サイズ 幅25.5×奥行15.7×高さ3.3cm 幅29.5×奥行19.7×高さ4.3cm
素材 鋳鉄
重量 約720g 約1.33kg
価格 299円(税込) 599円(税込)

サイズ展開

6インチのイメージ画像
出典:ニトリ
8インチのイメージ画像
出典:ニトリ

ニトリのスキレットは「15cm(6インチ)」「19cm(8インチ)」の2サイズ展開です。

一人で使う分には6インチで十分かもしれませんが、サイズに迷われた場合は大きい方の8インチをおすすめします!

私も最初は6インチのものを買ってしばらく使っていたのですが、やはりサイズが小さく作れるものが限られてしまうので、結局8インチのものを買いなおしました。

今ではほとんど8インチのものばかり使っています

ニトリ スキレット|魅力

①価格が安い

ニトスキ最大の魅力は、なんと言ってもその価格の安さです!

大きい方の8インチで税込599円、小さい方の6インチに至っては何と税込299円です!
この値段であれば、気軽に手に取ることができますね。

価格改定があったらしく、私が購入した時よりも安くなっていました。元々安いのにさらに値下げするとは驚きですね!

有名なLODGEのスキレットは、8インチで税込3,960円6.5インチで税込2,970円なので、ニトスキがいかにお求めやすいかが分かりますね。

②IHでも使用可能

自宅でも使えることを伝えるための画像

ニトスキはIHでも使用することができます

IHコンロのお宅でも使えるので、自宅での日常の料理でもニトスキは活躍します。

スキレットのレシピは調べるとたくさん出てきますが、熱伝導率が良いのでムラなく火を通すことができ、フライパンで作るよりも美味しく調理することができます。

また、見た目もおしゃれなので熱々の状態でそのまま食卓に出すこともできます。(※鍋敷は必須です)

③蓋つきのモデルもある

フタ付きモデルのイメージ画像
出典:ニトリ

ネット通販限定ですが、ニトスキにはフタ付きのモデルもあります。

蓋が付いていることで、蒸し焼きや無水調理が可能になり、料理の幅が広がりますね!

注意点としては、フタ付きモデルは16cmと20cmの2サイズ展開で、一般的なニトスキとはフタの互換性がないことと、フタだけでは販売していないことです。

フタが欲しい方は、最初からネット通販でフタ付きのモデルを購入することをおすすめします。

ニトスキを購入した後からフタが欲しくなった場合は、鋳鉄製ではありませんがスキレット用のフタが販売されているので、そちらがおすすめです!

④手入れをすれば一生モノ

愛着を持って使えることを伝えるための画像

ニトスキは安価ですが、作りがしっかりとしているので、きちんと手入れをすれば一生使うことができます

使えば使うほど味が出て使いやすくなり、愛着も沸くので、そういった「育てる楽しみ」も味わうことができます。

ニトリ スキレット|注意点

①シーズニングが必要

鋳鉄製のスキレット全般に当てはまりますが、ニトスキも「シーズニング」が必要です。

シーズニングとは焼きならしの工程のことで、スキレットの腐食を防止する効果があります。

詳細なシーズニングの方法は様々なブログで紹介されているので、ここでは簡単にご紹介します。

初めて使用する際のシーズニング手順
  1. 工場出荷時に塗られている錆び止めを洗剤で洗う
  2. スキレットを火にかけ、水分を蒸発させる
  3. 食用油・オリーブオイルを全体に薄く塗り、火にかける
  4. 煙が出なくなったら火を止め、再度食用油・オリーブオイルを全体に薄く塗り、火にかける。これを3~5回繰り返す。
  5. スキレットに油をひき、くず野菜を炒める。(生姜やネギなど香りの強い野菜がおすすめ)
  6. 炒めた野菜は捨て、冷ましたスキレットをタワシなどで水洗いする。(洗剤は使わない)
  7. スキレットを火にかけ、水分を蒸発させる
  8. 食用油・オリーブオイルを塗り、煙が出なくなるまで再度火にかける
  9. スキレットを冷まし、新聞紙等に包んで保管する

使用後にも、都度シーズニングを行う必要があります。

使用後のシーズニング手順
  1. 熱めのお湯とスポンジ・タワシなどで水洗いする。(洗剤は使わない)
  2. スキレットを火にかけ、水分を蒸発させる
  3. 食用油・オリーブオイルを塗り、煙が出なくなるまで火にかける
  4. スキレットを冷まし、新聞紙等に包んで保管する

少し面倒に感じるかもしれませんが、慣れればそこまで手間ではありません。

きちんと手入れをすることで半永久的に使えますので、お手入れはしっかりと行うようにしましょう!

②重い

商品が重いことを伝えるための画像

鋳鉄製なので仕方ありませんが、どうしても同サイズのフライパンよりは重くなります

車で持ち運ぶ分にはそこまで気にならないと思いますが、徒歩キャンプには不向きかもしれません。

ニトリ スキレット|まとめ

今回はコストパフォーマンス最強のニトリのスキレット、通称「ニトスキ」をご紹介しました。

お求めやすい価格ながら高いクオリティを誇り、きちんと手入れをすることで半永久的に使用することができるスキレットです。

キャンプを始めたばかりの頃などはどうしても調理器具は後回しになりがちですが、ニトスキであれば気軽に手に取ることができるので、初めてのスキレットにもおすすめです!

スキレットは本当にいろいろな料理を作れるので、一つ持っておいて損はありませんよ!

この記事が皆さんの参考になりましたら嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!