キャンプ道具

【コールマン タフスクリーン2ルームハウス/MDX+】初めてでも安心!ファミリーにもおすすめな人気テントをレビュー!

こんにちは!SAWA CAMP(@sawa_camp_)です!

キャンプを始める上で、真っ先に必要になるのが「テント」ですよね!

テントはキャンプ道具の中ではどうしても高額になりますし、サイトの雰囲気を左右するので、テント選びは非常に重要です。

私もキャンプを始める際にどのテントを買うか迷い、色々と調べた上でコールマンのタフスクリーン2ルームハウス/MDX+を購入しました!

私がテントを選ぶ上で重視したのは以下のような点です。

  • 設営が簡単
  • 夫婦二人がゆったり過ごせる
  • 価格がそこまで高くない

結果的に、タフスクリーン2ルームハウス/MDX+を選んで大正解でした!幅広い層の方に間違いなくおすすめできるテントです。

こちらの記事では、実際にタフスクリーン2ルームハウス/MDX+を使用した上で、その魅力注意点をご紹介します!
皆さんのテント選びの参考になると思いますので、是非最後までご覧ください!

魅力 注意点
  • 設営が簡単
  • 居住スペースが広い
  • 遮光性が高く、快眠できる
  • 通気性が良いので、夏でも快適
  • お手頃な価格
  • 寝室にスカートがなく、寒さに弱い
  • 本体が重いので、持ち運びが大変
  • 本体の色がおしゃれじゃない
  • 付属のペグ、ハンマーがいまいち

コールマン タフスクリーン2ルームハウス/MDX+

基本情報

商品の全体イメージを伝えるための画像
製品名 タフスクリーン2ルームハウス/MDX+
耐水圧 フライ:約3,000mm(寝室)、約2,000mm(リビング)
フロア:約2,000mm
ルーフ:約3,000mm
定員 4~5人用
インナーサイズ 約300×250×175(h)cm
本体サイズ 約560×340×215(h)cm
収納時サイズ 約34×74cm
重量 約19.5kg
材質 フライ:75D ポリエステルタフタ(ダークルーム、UVPRO、PU防水、シームシール)
インナー:68Dポリエステルタフタ
フロア:210Dポリエステルオックスフォード(PU防水、シームシール)
ポール:(リビング)アルミ合金約φ16mm (寝室)アルミ合金約φ14.5mm (リッジ)アルミ合金 約φ11mm (キャノピー)スチール約φ19mm(180cm)
仕様 キャノピー、メッシュドア、ベンチレーション、メッシュポケット、コード引き込み口、サイドウィンドウ、ランタンフック、吊り下げ式インナーテント
付属品 ルーフフライ、キャノピーポール×2、ペグ:プラスチック×8本、スチール×18本、ロープ、ハンマー、収納ケース
定価 89,800円(税込)

コールマン タフスクリーン2ルームハウス/MDX+|魅力

①設営が簡単

設営が簡単なことを伝えるための画像

タフスクリーン2ルームハウス/MDX+にはアシストクリップがついており、一度クリップに挿したポールが簡単には外れないようになっています。
そのため、フレームを立ち上げる際に反対側で支える人が不要となり、一人でも設営が可能です。

また、ポールを通すスリーブも色分けされており、通すポールを間違えないような工夫もあるので、説明は非常に簡単です。

実際、私が初めてタフスクリーン2ルームハウス/MDX+をたてた時もそこまで苦労せずに設営することが出来ました。

初めて設営する際は、事前に設営方法を動画で確認することをおすすめします

一人で設営ができると、例えばお子さんがいる場合は一人はお子さんの面倒を見れるので助かりますね!

とはいえ、一人で設営する場合、フレームの立ち上げは少し大変かなと思います。

また、一人で設営すると二人での設営よりもポールへの負担が大きくなるので、人手がある場合は二人での設営をおすすめします!

②居住スペースが広い

居住スペースが広いことを伝えるための画像
出典:コールマン

タフスクリーン2ルームハウス/MDX+は本体サイズが「約560×340×215(h)cm」となっており、中型の2ルームテントとなります。

スノーピークのランドロックのような大型テントと比較すると小さいですが、それでも居住スペースは十分広く感じます

天井高も215cmあるので、テント内でもかがまずに移動することができます。個人的にはこれがとても重要で、腰も痛くなりませんし、ストレスフリーです!

インナーテントのサイズも「約300×250×175(h)cm」と十分広く、4人程度であれば余裕で寝れるかと思います。
私は夫婦二人で使用しているので、インナーテントの中にコットを二つ置いて寝ています。

二人で使うのであればもっと小さいテントでもいいのでは?とも思いましたが、余裕をもって広々と使えるので、とても快適で満足しています。

もっと広いテントが良いという方は、一回り大きいタフスクリーン2ルームハウス/LDX+も発売されています。

具体的には、MDXと比較してLDXは前室のリビング部分が幅25cm、奥行50cm、高さ5cm大きくなっています。寝室部分は幅と奥行きはMDXと同じで、高さが10cm高くなっています

より広いテントを求める方にはタフスクリーン2ルームハウス/LDX+がおすすめです!

③遮光性が高く、快眠できる

ダークルームテクノロジーの遮光性が高いことを伝えるための画像

タフスクリーン2ルームハウス/MDX+最大の特徴が、「ダークルームテクノロジー」です。

ダークルームテクノロジーとは?

遮光性に優れた素材を生地に施すことで、日光を90%以上ブロックする技術のことです。日光をブロックすることで室内の温度上昇を抑えることができ、UV遮蔽率も99.99%以上なので日焼けも対策できます。

タフスクリーン2ルームハウス/MDX+では、このダークルームテクノロジーがインナーテントルーフフライに使用されています。

インナーテントが暗いことで、朝日で目覚めることがなく、キャンプ中でも快適に眠ることができます
外から見ても全く透けないので、ライトの明かりが漏れることもなくプライバシーを確保することができます。テント内での着替えも安心できますね。

また、旧モデルでは無かったルーフフライが付いたことで、リビング側でもダークルームテクノロジーの恩恵を受けることができます。

UVカット素材なので、日焼けを防いでくれるのも嬉しいポイントです!

④通気性が良いので、夏でも快適

通気性が良いことを伝えるための画像

タフスクリーン2ルームハウス/MDX+はメッシュにできる箇所が多く、通気性が良い作りになっています。

通気性が良いことで夏場でも暑さを軽減することができ、メッシュも備わっているので虫よけもできます

また、こちらのテントにはサークルベンチレーションシステムが備わっており、空気が下から上へ抜けるので、さらに通気性が高くなっています。

サークルベンチレーションシステムとは?

テントの上下に通気口を設けることで、室内の空気を循環させる仕組みです。テント下部の隙間から冷たい空気を取り込み、室内の熱くなった空気をテント上部の隙間から逃がします。

先ほどご紹介したダークルームテクノロジーと合わせて暑さ対策ができるので、夏でも快適に過ごすことができます

⑤お手頃な価格

タフスクリーン2ルームハウス/MDX+はAmazonや楽天で7~8万円程度で購入できます。

決して安くはありませんが、2ルームテントとなると10万円を超えるものが多い中で7~8万円というのはお手頃価格です。

これまで紹介してきた通り機能としては非常に優れたテントですので、コストパフォーマンスはとてもいいテントだと思います。

ダークルームテクノロジーのついていないタフスクリーン2ルームハウス/MDXであれば5~6万円程度ですので、より費用を抑えたいという方はそちらを検討してみても良いかもしれません。

コールマン タフスクリーン2ルームハウス/MDX+|注意点

①寝室にスカートがなく、寒さに弱い

寝室部分にスカートがないことを伝えるための画像

タフスクリーン2ルームハウス/MDX+のリビング部分にはスカートがついており、隙間風を防いでくれますが、寝室部分にはスカートがありません

そのため、寝室部分には隙間風が入ってきてしまい、真冬だと寒いかもしれません

ただし、私の場合は寝室部分を使うのは寝る時ぐらいで、寝る時は冬用のシュラフ、毛布、湯たんぽと完全装備しているので、冬に氷点下の環境でキャンプをした時も特に問題ありませんでした。

テント以外の部分でしっかり防寒すれば、オールシーズン使えるテントだと思います。

②本体が重いので、持ち運びが大変

本体が重いことを伝えるための画像

2ルームテント全般に言えることだと思いますが、やはり大きい分重いです。

重量が20kg近くあるので、女性だと運ぶのに苦労するかもしれません。

オートサイトなど、車を横づけできる環境で使うことをおすすめします

③本体の色がおしゃれじゃない

これは個人の好みにもよりますが、タフスクリーン2ルームハウス/MDX+のグレーの色味はあまりおしゃれではないかなと思います

デザインを重視するのであれば、スノーピークのエルフィールドなどの方がかっこいいと思います。

ただ、これは完全に個人の好みなので、このグレーがかっこいい!という意見ももちろんあると思います。

私はデザインよりもその他の機能を重視した結果、タフスクリーン2ルームハウス/MDX+を購入しましたが、使っているうちにこのデザインにも愛着が湧いてきました。

また、このグレーはキャンプ場でも目立つので、自分のテントを見つけやすいという利点もあります。

④付属のペグ、ハンマーがいまいち

タフスクリーン2ルームハウス/MDX+には、付属品としてプラスチックペグ×8本、スチールペグ×18本、ペグハンマー(プラスチック)がついてきますが、このプラスチックのペグとペグハンマーがかなり頼りないです。

私はテントを購入する前にこの情報を見ていたので、テントと一緒に鋳造ペグとペグハンマーを購入しました。

なので実際にプラスチックのペグは使用していないのですが、ペグはしっかりしたものを用意することをおすすめします。

私は村の鍛冶屋のエリッゼステークを使用していますが、どんな地面でもしっかりと刺さり、安心感が段違いなので非常におすすめです。
ペグハンマーもちゃんとしたものを用意した方が良いです。

コールマン タフスクリーン2ルームハウス/MDX+|まとめ

商品の全体イメージを伝えるための画像

今回はコールマンの2ルームテント「タフスクリーン2ルームハウス/MDX+」をご紹介しました。

ダークルームテクノロジーにより夏でも涼しく、朝日で起こされることなく快適に過ごすことができるテントです。
設営も簡単で居住スペースも広いので、ファミリーやキャンプ初心者にも非常におすすめです!

テント選びはキャンプをする上で最も重要と言っても過言ではないので、注意点もしっかり認識した上で、色々なテントを比較して自分に合ったテントを見つけてください!

この記事が皆さんの参考になりましたら嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!