キャンプ道具

【ユニフレーム FGハンガー】ファイアグリルユーザー必見!トングの置き場問題を解決!

こんにちは!SAWA CAMP(@sawa_camp_)です!

以前、おすすめの焚き火台としてユニフレームのファイアグリルをご紹介しました。

【ユニフレーム ファイアグリル】ド定番の焚き火台!人気も納得の使いやすさ!ユニフレームの「ファイアグリル」のレビュー記事です。ファイアグリルの使い方や魅力について詳細レビューします。...

BBQグリルとしても使える非常に使い勝手の良い焚き火台ですが、一つ悩みがありました

どの焚き火台にも共通する悩みですが、「トングの置き場所問題」です。

BBQの際には炭をつかむ火ばさみや肉を焼くためのトングを使うと思いますが、その置き場所って地味に困りますよね!

このFGハンガーはそんな悩みをすっきり解決してくれる素敵なアイテムです!

FGハンガーを実際に利用した上での魅力注意点をご紹介しますので、すでにファイアグリルを使っているという方はもちろん、検討中という方も是非参考にしてみてください!

魅力 注意点
  • トングの置き場所問題を解決
  • 組み立てが簡単
  • すっきり収納できる
  • 重いものはかけられない
  • ファイアグリルsoloには使えない

 

ユニフレーム FGハンガー

基本情報

品名 FGハンガー
サイズ 全長:約48cm
材質 ステンレス鋼
重量 約120g
耐荷重 約1kg
定価 1,900円(税込)

ユニフレーム FGハンガー|魅力

①トングの置き場所問題を解決

FGハンガーに火ばさみ、トングを吊るした際のイメージ

FGハンガー最大の魅力は、なんと言っても火ばさみやトングの置き場諸問題を解決してくれることです!

私自身、FGハンガーを購入する前は火ばさみは薪の上に、食材をつかむトングはテーブルの上になんとなく置いておくことが多かったと思います。

そうやってなんとなく置いておくと、いざ使おうと思った時にすぐに場所が分からず、まごつくことがしょっちゅうでした。

FGハンガーを購入してからは、火ばさみやトングの定位置が決まったので、迷うことなくすぐに使うことができ、ストレスもなくなりました

また、食材をつかむトングは置いておくよりも吊るした方が衛生的ですよね!

②組み立てが簡単

組み立て方法のイメージ

FGハンガーはファイアグリルの脚に差し込むだけで組み立てができるので、非常に簡単に設置できます。ファイアグリルを組み立てるついでに設置ができる感覚です。

便利な道具でも設置が面倒だと結局使わなかったりするので、簡単に組み立てができるのは大きなポイントです!

③すっきり収納できる

FGハンガーをファイアグリルへ収納した際のイメージ

FGハンガーはファイアグリルの純正アクセサリーだけあって、収納時はファイアグリルの中にぴったり収まります

別途ファイアハンガーを購入すると荷物が増えてしまいますが、荷物の容量が変わらないのは嬉しいですよね!

ユニフレーム FGハンガー|注意点

①重いものはかけられない

FGハンガーの耐荷重は1kgです。

火ばさみやハンガーをかける分には十分ですが、例えば鍋など重いものはかけられないのでご注意ください。

そもそも重いものをかけるとFGハンガーが壊れる前にファイアグリルがひっくり返ってしまうと思いますが、、

②ファイアグリルsoloには使えない

通常サイズのファイアグリルで使用した際のイメージ

FGハンガーはファイアグリル ラージには使用可能ですが、ソロ向けのファイアグリルsoloでは使えないのでご注意ください。

ユニフレーム FGハンガー|まとめ

商品の使用イメージ

今回はユニフレーム ファイアグリルのアクセサリー「FGハンガー」をご紹介しました。

ワンタッチで設置ができ、火ばさみやトングの置き場所問題を解決してくれる画期的なアイテムです。

1,900円が高いと思うか安いと思うかは人それぞれかと思いますが、使い勝手を考えると個人的には決して高くないのではないかと思います。

ファイアグリルをお使いの方には間違いなくおすすめできる逸品です!これからファイアグリルを購入する方も、合わせて購入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が皆さんの参考になりましたら嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!