キャンプ道具

【ユニフレーム ファイアグリル】ド定番の焚き火台!人気も納得の使いやすさ!

こんにちは!SAWA CAMP(@sawa_camp_)です!

キャンプの醍醐味といえば、焚き火ですよね!

焚き火は見ているだけでも癒されますし、暖を取ったり料理をすることもできます。

最近は多くのキャンプ場が直火禁止となっているため、焚き火をするには焚き火台が必須となります!

今回は、私も使用している定番の焚き火台、ユニフレームの「ファイアグリル」について、人気の理由や実際の使い勝手についてレビューします!

ユニフレーム ファイアグリル

基本情報

まずは基本情報を見ていきましょう。

箱のイメージ
サイズ:使用時約430×430×330(網高)mm
サイズ:収納時約380×380×70mm
重量約2.7kg
素材:本体ステンレス
素材:焼き網鉄/クロームメッキ
素材:脚スチールパイプ

組み立て方法

ファイアグリルの組み立てはとっても簡単です。

  1. スタンドの脚を開く
  2. ツメ金具を開く
  3. 炉をのせる
  4. 焼網をのせる(バーベキュー利用の場合)

①スタンドの脚を開く

足を閉じた図

収納時はスタンドの脚が閉じているので、開いていきます。

足を開いた図

最初の一本は矢印のシールがあるのでわかりやすいです。

脚を開いた図

すべての脚を開きます。

②ツメ金具を開く

ツメ金具を開いた図

全ての脚のツメ金具を開きます。

③炉をのせる

炉をのせた図

続いて、炉を脚にのせていきます。

この時、炉の持ち手を脚に引っ掛けるようにしてのせてください。

④焼網をのせる(バーベキュー利用の場合)

焼き網をのせた図

これで組み立ては完了ですが、バーベキュー等で利用する場合には、焼網のコーナー部分をツメ金具の上にのせます。

ユニフレーム ファイアグリル|魅力

①炭の継ぎ足しが簡単

炉と焼き網の間にスペースがある図

ファイアグリルは、焼網をツメ金具の上にのせるため、炉と焼網の間に隙間があります

この隙間から炭の位置を調整したり、炭を継ぎ足すことができます
炭を継ぎ足すためにわざわざ網をどけたりしなくていいのは楽ですよね!

ユニフレームを購入する際に、キャプテンスタッグのヘキサステンレスファイアグリルと迷っていたのですが、こちらは炭へアクセスするためには焼網を一度外す必要があります

②BBQからそのまま焚き火へ移行できる

焚き火のイメージ

ファイアグリルはBBQグリルと焚き火台が一つになっているので、BBQをした後に薪を入れるだけで、残った炭を火種にして簡単に焚き火ができます

また、ファイアグリルは浅い作りのため空気の回りがよく、薪が良く燃えてくれます

③オプションが豊富

オプションの種類

ファイアグリルには、多彩な別売りのオプションが用意されています。

オプションを利用することでファイアグリルの使い方の幅がうんと広がりますよ
いくつかオプションをご紹介します。

収納ケース

ファイアグリルは購入時に収納ケースがついてきません

100均などで売っている袋でも結構ですが、収納ケースを用意することをおすすめします

ヘビーロストル

ヘビーロストルのイメージ
出典:ユニフレーム

ファイアグリルを使う上で是非手に入れておきたいのが、「ヘビーロストル」です。

ヘビーロストルは頑丈なステンレス無垢棒で出来ており、ダッチオーブンをのせてもゆがみません!

付属の焼網に重いダッチオーブンなどをのせるとゆがんでしまうので、ヘビーロストルがあることで料理の幅が広がりますね

FGハンガー

焚き火をしていると、火ばさみやトングを置く場所に困りますよね

FGハンガーをファイアグリルに取り付けると、そういった小物を引っ掛けることができ、スマートに収納できます。

④焼網の汎用性が高い

代用の焼き網

ファイアグリルの純正の焼網は35cm×35cmの正方形の網なので、100均などで売っている焼網で代用が可能です。

純正品を買おうとすると1枚1,200円かかるので、私はセリアで購入した焼網を使用しています。

100均の網であれば汚れたら捨ててしまえるので、気軽に使えますよね!

ユニフレーム ファイアグリル|注意点

①収納時のサイズが大きめ

収納イメージ

収納時は足を畳んで炉の中に収納できますが、炉は畳むことができないので、スノーピークの焚き火台などと比較してしまうと収納時のサイズが大きく感じます

とはいえそれなりにはコンパクトになりますし、畳めないゆえの頑丈さもあると思いますので、許容範囲かと思います。

②他の人と被る

使用イメージ

キャンプグリルは人気商品のため、キャンプ場でも多くのキャンパーが使用しています

自分のサイト内に置いている限り間違えるということは無いと思いますが、他人と被りたくないという人は他の焚き火台を検討した方が良いかもしれません

ただ、それだけ選ばれているということは、性能が良いことの裏付けかもしれませんね。

ユニフレーム ファイアグリル|まとめ

まとめ

今回は、大人気の焚き火台、ユニフレームの「ファイアグリル」をご紹介しました。

今やファイアグリルは焚き火台の定番となっており、その実力は折り紙付きです。

間違いなく買って後悔はしないので、初めて焚き火台を購入される方にもおすすめです!

この記事が皆さんの参考になりましたら嬉しいです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!